防湿コーティングされた調理器具を使っていつもの料理をより美味しく

水滴と半導体

フッ素による防湿コーティングのメリット

水滴

フッ素には防湿効果があり、電子機器の回路や基盤などの防湿コーティング剤として用いられています。フッ素コーティングは、従来の防湿コーティング剤と比較すると高価ですが、引火性がないので引火物対策のできていない場所でも使用することができ、低毒性でPRTR法・消防法規制対象外であるので安全性が高いコーティング剤です。また、低粘度であり、加熱不要で常温の場合は5秒から20分で乾くため取り扱いやすいといったメリットもあります。また、防湿性も、電子部品や実装基盤の防湿に従来用いられているウレタンやアクリルのコーティング剤よりも3~4倍と高いのも特徴です。そのため、薄膜でも十分な防湿効果が得られるので、フッ素コーティングを使用することで重量の増加を抑えることができ、モバイル機器をはじめとした軽量機器のコーティングに適しています。
また、フッ素には防湿性に加え、撥水撥油性、絶縁性、耐酸性、耐塩性も高いといった特徴があるので、フッ素コーティングは塩分や酸性物質、発火などによる電子機器のトラブルの防止にもつながります。このような点から、防湿コーティング剤としてフッ素コーティングを用いることで、従来の防湿コーティングよりも強固な保護が可能です。

防湿効果のあるフッ素コーティング剤

フッ素コーティングを用いている製品はたくさん存在しますが、そのどれもが防湿効果を持っています。水をはじく効果や汚れが付きにくい効果があるので購入した時の品質を長く保てますし、丈夫で長持ちトいうメリットもあります。防湿効果のあるフッ素コーティングはさまざまな製品にしようされています。まず、有名なのはフライパンや鍋などの調理器具です。防湿効果のあるフッ素コーティングを施している調理器具は、丈夫で長持ちなだけでなく焦げ付きにくいため、調理が楽になるといったメリットがあります。これまで料理を焦がしてしまったという苦い経験がある方は、今度新しく調理器具を購入する際にはぜひフッ素コーティングの物を選んでみてください。また、フッ素コーティングは服にも使われています。水をはじく効果があるので、雨の日でも安心しても着られるようにアウターなどにフッ素コーティングを施してある場合が多く見受けられます。梅雨時期などは、フッ素コーティングがされている衣服を中心にコーディネートすると良さそうです。小さなものだけでなく、建物の素材にもフッ素コーティングは使われています。木造の建物はフッ素コーティングを行うことで耐久性が増し、より快適な住居を実現させることが可能になります。

木材の防湿対策にフッ素コーティングを利用しよう!

住宅建材に使用する木材は、建築現場においては雨や湿気という問題に悩まされます。雨を吸収した木材は、腐食劣化の原因になり、湿気は木材の寸法を狂わせるだけでなく、乾燥した際にはひび割れの原因ともなります。そこで有効なのが防湿対策としてフッ素コーティングの塗布です。
フッ素コーティングは、水溶性のものも多く、建築現場でも手軽に塗布できます。フッ素コーティング剤の塗布後、乾燥すれば防湿効果だけでなく、撥水効果も現れ急に雨が降った際でも木材の表面で水分が弾かれ、中に浸透することを防いでくれます。また、フッ素コーティングの表面被覆は安定性があり、防湿効果も長期間に亘ります。土地的に排水が悪く、湿気が上がりやす場所でも木材が腐食することを防いでくれます。さらに有機溶剤を使用するフッ素コーティング剤であれば、木材の寸法が狂ったり、乾燥後にひび割れが発生するといったこともありません。最近では、フッ素コーティング剤も水溶性かつ速乾性の高いものも増え、リフォーム工事で使用しても安全性の高いものが増えています。新築時だけでなく、リフォーム工事の際に住宅を長持ちさせることができます。まずは、防湿対策には撥水性と防湿性の高いフッ素コーティング剤を利用しましょう。表面を樹脂でコーティングするものとことなり、塗布後に急に雨が降っても効果を発揮します。


皆様が普段持っている湿気に弱い精密機器などの防湿を施す『フロロテクノロジー』なら皆様の精密機器を湿気から守ってくれるコーティング剤「フロロサーフ」があります!

choices post

半導体

防湿効果のある調理器具で料理上手を目指そう

普段から良く調理をする人もそうでない人も調理器具の焦げ付きに悩まされた経験はお持ちだと思います。炒め物、煮物、メニューや調理方法に関わらず、一瞬気を許したばっかりに焦がしてしまった、という経験は誰しもがあることでしょう。そういった失敗を簡単に防げる調理器具があることをご存知でしょうか。それは防湿効果のあるフッ素コーティングを施した調理器具です。防湿効果…